相手の前衛に叩かれにくいドロップを打ちたい!どうすればいいの?

こんにちは、樋口です。

ダブルスの試合をやっていて、相手がロブを上げて来たので、センターにドロップを落としたら、何故か前衛がいて、バシン!と叩かれてしまった。

こんな経験ないでしょうか?

ロブを上げた後は、サイドバイサイドという横並びのフォーメーションで、スマッシュなどの速い攻撃を警戒するのが定石ですが、変則的に前衛が前に入ったまま、というフォーメーションを取られることがあります。

そこに、速度の遅いドロップを打つので、叩かれてしまいます。しかし、そのドロップがプッシュなどで打たれないようになれば、逆にこちらの前衛が相手の打ったヘアピンなどを攻撃できますし、余裕も生まれます(無理にスマッシュを打たなくてもよいですから)。

今回は、4つのステージで、前衛に叩かれにくいドロップの打ち方を考えていきます。

今回も最後までお付き合いお願いします。

 

(ステージ1)
【現象】ドロップの弾道が山なりになっていると叩きやすい

山なり弾道

基本的に遅いドロップは、待ち構えている前衛に時間的な余裕を与えてしまいます。また、山なりになっていると、相当ネットギリギリに垂直に落ちない限り、高さがある分、叩きやすくなります。

 

(ステージ2)
【対策】ドロップの弾道を上から下に下降する直線で白帯近くに打ち込む

上下角度がある弾道

ドライブ練習の時に、角度を上から下に付けた弾道で打たれると、非常に打ちにくい経験をしたことはありませんか?

上から下への直線の弾道だと、ラケット面を斜め上に向けないと、きちんとヒットしないために手首を思い切り反らす(背屈)必要があり、スイングが窮屈になります。そして、やっと作った面も上向きなので、シャトルは浮いてしまします。

同じ理屈で、ドロップを上から下に角度をつけながら、直線的に打ち込むことが、相手前衛からのプッシュ攻撃をかわしやすくなります。

 

(ステージ3)
【打ち方】インパクトの際に、第2の上腕内旋(二の腕の左回転)動作を加えて、高い打点から角度のある速いドロップを打つ


第二の内旋動作1  第二の内旋動作2  第二の内旋動作3  第二の内旋動作4

運動連鎖(キネティックチェーン:パワーを体幹からシャトルまで順に伝えること)に基づくと、上腕内旋(肩~肘間の腕の左回転)→ 前腕回内(肘~手首間の腕の左回転)というように、インパクトまでに胴体に近い腕から連動して、エネルギーをシャトルに伝えます。

そのインパクトの際に、さらに第2の上腕内旋動作を加えて、角度とスピードを増幅させます。

具体的には、インパクト時に、右肘の外側(尖った部分)を右斜め上方向に、捻り上げるように動かします。すると手首が支点になり(手首の動きが止まる)、ラケット面先端部分が下向きに大きく、鋭い角度で下がります。先端が下がったら、重力に従って、先端から下に腕を振り抜いていきます。

これによって、鋭い角度の速いドロップを打つことができます。

これは、いわゆる「ムチ打ち動作」を応用した動作になります。スイングをするときは、上腕の内旋時に、肘と上腕が下に下がる動作が生まれています。その動作によって、前腕が前方に動くのですが、インパクトを迎えた時には、肘と上腕には、下がった分だけ、上に上がろうとする力(応力)が発生しています。

肘を上に上げる動作によって、この応力を増幅してやると、手首を支点にしたテコの原理で、ラケット面が鋭く下に振れるのです。

釣り竿でルアー(疑似餌)を投げた時に、糸の先端が水面に着く時に、一瞬グンッと竿を引く動作と同じです。

 

(ステージ4)
【補足】打点の位置の前後で、クリアー、ドロップ、スマッシュと打ち分け、ドロップを読まれにくくする。

ステージ3の第2の上腕内旋動作は、オーバーヘッド全体に使える加速装置(ターボチャージャー)のような動作です。この動作を、打点の前後で打ち分けることによって、クリアー(頭上付近)、ドロップ(前足つま先付近)、スマッシュ(前足より15cm位前)と打ち分けができます。

人間の目と脳の視覚を処理する部位(大脳視覚野)では、奥行きを脳内で再生する能力が低いのです。画像を写す目の網膜も2次元ですし、奥行き(3D)を再現するのが苦手なのです。

よって、相手はネットを挟んで、正面から打点の前後(奥行き)を認識するのは、非常に難しく、そこをうまく利用すると、3ストロークの打ち分けがしやすくなります。打点の奥行きがわからない相手から見ると、同じ打点から違うショットが出てくる感覚になります。

詳細は、また別の回に改めさせていただきます。

是非、お試しください!

次回は、「 子どもが大人になるに従ってドリブンクリアーが効かなくなる? 」です。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

※指導で、実際に有益な効果があがったことを確認の上で、報告しておりますが、技術の答えは、一つではないと考えております。他の指導法を否定する意図はございません。その点、ご理解の上で、お読み、お試しくだされば、ありがたいです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

樋口 孝雄バドミントン技術研究・指導者(フリーランス)

投稿者プロフィール

バドミントン技術研究・指導者(フリーランス)
1966年2月4日生
東京都国分寺市在住
実践学園高等学校 女子バドミントン部ヘッドコーチ
平成29年度全国中学生大会神奈川代表コーチ

競技歴:1982~2001年
指導歴:2002年~

私のバドミントン生活は高校から始まりました。運動系全般が苦手な私でしたが、何かスポーツをやりたくてバドミントン部を選びました。
当時、技術指導者はいませんでしたので、仲間よりワンテンポ遅れてしまう自分が、どうしたら理論的に技術が身につくかを、常に考えるようになっていました。この頃の背景がベースになり、今の私の技術指導スタイルが確立されたといえます。

元来、教えることが好きなこともあり、十数年前に小学生の指導を始めました。時間が許す限り、バドミントンのみならず、他競技のDVDや書籍etc.情報を集めては分析・検証し、よりシンプルでわかりやすいスキルアップ方法とは何か、知識と経験を積み上げてきました。現在は、技術指導者のいない中学生を中心に、学齢前から成人までのサポート活動をしております。

同じ指導でも、すぐ体現できる人もいれば、時間のかかる人もいます。指導する側にも、個性を生かした工夫が求められていると、身につくまでの道のりが遠かった私自身の体験から、感じています。

これまでの蓄積と、今後のさらなる追求を少しでも共有でき、特にお悩みを抱えている方々の微力ながら、お役に立つことができれば幸いです。
よろしくお願いいたします。

競技歴詳細:

東京都立小平西高→法政大学バドミントン同好会72

主催指導活動:

「癖動作矯正指導法」研究及びレッスン
→(http://minton.blog.jp/archives/306166.html)
西国分寺バドレッスン for 中高生 代表者
→ (https://minton.jp/Group/detail/158)
バドミントンNPO団体 東村山フリューゲルス代表者

外部指導活動(東京都内):

実践学園高等学校 女子バドミントン部ヘッドコーチ
平成29年度全国中学生大会神奈川代表コーチ
堀越高等学校 男子バドミントン部
練馬区立中村中学校
東久留米市立中央中学校
他中高計8校、一般3団体

この著者の最新の記事

関連記事



空白

空白
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
空白

空白

空白
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
空白

広告

ページ上部へ戻る