肩関節後方部痛①

みなさんこんにちは!
西澤です。
今回は肩の後ろの痛みという部分にフォーカスしていきたいと思います。
ということでまずは後ろの組織を確認してみましょう。
大事な点として考えられるのは、
棘下筋と小円筋
関節包の後方部
上腕三頭筋長頭

まずは棘下筋と小円筋ですが肩のインナーマッスルとして代表的な筋肉であり、主に肩関節の外旋方向の仕事をします。
この筋肉達が硬くなり萎縮してしまい収縮不全を続け、炎症する場合。

IMG_1156IMG_1157

続いては関節包の後ろの組織ですが、関節そもそもをまとめて関節液の管理をしている袋状のものです。

IMG_1159

こちらは萎縮というよりは、逆に前側の関節包がゆるんでしまい骨同士の緩みで衝突、それ故後ろまで影響を及ぼし関節を無理矢理安定させようと拘縮を起こしてしまっているもの。

 

そして上腕三頭筋長頭部。
こちらは肘を伸ばす、肩を後ろへ挙げるような動作をする筋肉です。
この筋肉に負担が重なると、突付いている部分の骨が引っ張られ、尖ってしまう。
そして尖っている部分が腱などの組織を傷つけ、痛みになり兼ねない。

IMG_1158

今回は主にはこの3パターンの意味を抑えておいてください。
また次回にさせていただきますね。
ではでは。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

西澤孝仁 (N-fit整骨院)

投稿者プロフィール

 生年月日:1987年11月26日
 資格:柔道整復師
 活動内容:長野県の北信地域にて、整骨院開業。
長野県高体連バドミントン大会トレーナー
AC長野パルセイロBCトレーナー
その他種目トレーナー活動中
 バド歴:中学、高校バドミントン部に所属。
       インハイ出場経験有り。

この著者の最新の記事

関連記事



空白

空白
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
空白

空白

空白
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
空白

広告

ページ上部へ戻る