フォアハンドロブで、バランスを外側に崩してしまう

こんにちは、樋口です。

右ネット前に、カットやドロップなどを打たれて、返球にフォアでロブを打つとき、シャトルが飛ばなかったり、ネットに引っ掛けたり、戻りが遅れたりすることは、ありませんか?

今回は、原因をスイングにスポットを当てて、習得するまでの過程を、ステップ(1)〜(4)までの4段階でまとめてみました。

 

【ステップ (1)】
スイングが大きくなればなるほど、遠心力で身体が右斜め前に振られ、バランスが崩れます。

フォアロブ悪いフォーム

フォアハンドロブは、スイングが大きくなりがちです。何故なら、肩から手首までが一直線になって(回転半径が大きくなって)スイングするためです。

それは、右肘関節の骨格の構造上、前腕(肘~手首)が上腕(肘~肩)より後ろ方向には、反ることができないためです。

スイングが大きくなると、外側に向かって働く力(遠心力)が大きくなるため、右斜め前にバランスを崩しやすくなるのです(特に上半身(頭部、右肩付近))。

くわえて、上記写真のように、右足つま先や右ひざなどが、正面や内側に向いていると、さらにバランスが悪くなります。

 

【ステップ(2)】
右斜め前にバランスを崩さないために、右足つま先、右膝、上半身で調整しましょう

スイングの遠心力で右外側に働く力を、打ち消すため、4つのことを行います。

 

フォアロブスイング前           フォアロブ2

① 右足のつま先をシャトルの方向に向ける
② 右膝をシャトル方向に向ける
③ 右足をシャトルのやや外側まで出し、打点が左足と右足の間になるようにする(下写真)

(誤)打点が足外   (正)右足を打点の外に出している

④ 上半身はスイングが終わるまで、右斜め前(打点方向)に向けておく

これら、右方向に下支えを作る動作を加えることで、右外方向に働く遠心力に対抗し、身体を安定させます。

上記④は、意外に気がつかないのですが、中級者までの方では、シャトルを打った方向を見ながら、打ってしまう現象がよく見られます。

これは、「打ったコースが相手に早々にバレて、先読みされてしまうこと」・「身体もつられて回ってしまうことでスイングの回転半径が長くなって、スイング速度がおちること(→角運動量保存の法則)」などの理由から打点方向を見たまま、スイングするようにします。

 

【ステップ(3)】
スイングは「肘曲げ打法」で、バランスを保ち、飛距離も出る打法を使おう

肘曲げ打法

同じラケットスポーツのテニスなどでも、共通の技術ですが、フォアハンドで「肘曲げ打法」というものがあります。

最初に述べたとおり、フォアハンドは、前腕(手首〜肘)を上腕(肘〜肩)の後ろに反らす(ムチのしなり動作→運動連鎖))ことができないので、そのまま肩支点で打っていると、スイングスピードが上がりません。

そこで、インパクトと同時のタイミングで、右肘を内側に折りたたんでいく動作を、スイングに加えます。すると、スイングスピードが急激に上がり、シャトルをより遠くまで飛ばすことができます。

これは、スイング中に右肘を曲げることにより、支点が、肩から右肘に移ることで、回転半径が短くなり、同時にラケット面自体の回転速度も上がるためです。回転半径が短くなればなるほど、回転速度も上がるという物理法則に基づいた、理にかなった打法です。

フォアロブ        錦織フォア

 

【ステップ(4)】
「肘曲げ打法」は、シャトルがガットにくっついたタイミングで行う

肘を曲げるタイミングはインパクトと書きましたが、実は微妙なタイミングが大切です。これは身体で覚える感覚の世界になります。

肘が曲がってスイング速度が速くなった力を、より多くシャトルに伝えるには、ラケット面とシャトルの接触時間がより長いほうが伝わりやすいです。

 

【ステップ(5)】
「打球感覚」を覚えよう

但しロボットのように、ラケット面とシャトルとの接触時間を計測することはできませんので、ここは、感覚に頼ることになります。メジャーのイチロー選手で言うところの「打球感」というものです。「ラケット面にシャトルがくっついたら、肘を曲げる」という ”打球感覚” で行うことが、上手く打てるようになるコツです。

 

【ステップ(6)】
仕上げは、反復練習で身につけよう

このような、微妙な打球感覚を調整するのは、人間の「小脳」という部分です。

小脳

何回も練習(ミス)しているうちに小脳は学習し、彫刻のように、無駄な感覚記憶を削って研ぎ澄ましていきます。動作が完成したら、一連のスイング動作をプログラム化して記憶し、無意識でも打てるように自動化します。これで、試合で咄嗟にシャトルが来ても反射的に打てるようになります。自転車を思い出してください。最初はころんだりしますが、くり返し練習しているうちに、コツを意識をせずともいつのまにか乗れるようになっています。

お試しください!

 

次回は、「ゲームポイントをとったのに、逆転負け。なぜ?」です。
最後まで、お読みいただきありがとうございました。

※指導で、実際に有益な効果があがったことを確認の上で、報告しておりますが、技術の答えは、一つではないと考えております。他の指導法を否定する意図はございません。その点、ご理解の上で、お読み、お試しくだされば、ありがたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

樋口 孝雄バドミントン技術研究・指導者(フリーランス)

投稿者プロフィール

バドミントン技術研究・指導者(フリーランス)
1966年2月4日生
東京都国分寺市在住
実践学園高等学校 女子バドミントン部ヘッドコーチ
平成29年度全国中学生大会神奈川代表コーチ

競技歴:1982~2001年
指導歴:2002年~

私のバドミントン生活は高校から始まりました。運動系全般が苦手な私でしたが、何かスポーツをやりたくてバドミントン部を選びました。
当時、技術指導者はいませんでしたので、仲間よりワンテンポ遅れてしまう自分が、どうしたら理論的に技術が身につくかを、常に考えるようになっていました。この頃の背景がベースになり、今の私の技術指導スタイルが確立されたといえます。

元来、教えることが好きなこともあり、十数年前に小学生の指導を始めました。時間が許す限り、バドミントンのみならず、他競技のDVDや書籍etc.情報を集めては分析・検証し、よりシンプルでわかりやすいスキルアップ方法とは何か、知識と経験を積み上げてきました。現在は、技術指導者のいない中学生を中心に、学齢前から成人までのサポート活動をしております。

同じ指導でも、すぐ体現できる人もいれば、時間のかかる人もいます。指導する側にも、個性を生かした工夫が求められていると、身につくまでの道のりが遠かった私自身の体験から、感じています。

これまでの蓄積と、今後のさらなる追求を少しでも共有でき、特にお悩みを抱えている方々の微力ながら、お役に立つことができれば幸いです。
よろしくお願いいたします。

競技歴詳細:

東京都立小平西高→法政大学バドミントン同好会72

主催指導活動:

「癖動作矯正指導法」研究及びレッスン
→(http://minton.blog.jp/archives/306166.html)
西国分寺バドレッスン for 中高生 代表者
→ (https://minton.jp/Group/detail/158)
バドミントンNPO団体 東村山フリューゲルス代表者

外部指導活動(東京都内):

実践学園高等学校 女子バドミントン部ヘッドコーチ
平成29年度全国中学生大会神奈川代表コーチ
堀越高等学校 男子バドミントン部
練馬区立中村中学校
東久留米市立中央中学校
他中高計8校、一般3団体

この著者の最新の記事

関連記事



空白

空白
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
空白

空白

空白
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
空白

広告

ページ上部へ戻る