寝る子は育つ~遠征の車中編~

こんにちは。

バド育、担当の齋藤です。

またしても風邪をひいてしまいました(´・ω・`)

長野に来てからというもの割と風邪をひきやすく自分でも俺ってこんなに風邪ひきやすかったかな!?と疑問に思っているわけですが。

ちょっと考えてみました。

小学校6年間皆勤賞だった私がなぜこんなにも風邪をひいてしまうのか・・・

① 長野が寒い。
② 長野が寒い。
③ 寝不足。

きっと長野が寒いからですね!

 


 

 

さて、今日のタイトルは『寝る子は育つ』とよく言いますね。

各地域、新人戦も終わりこれから冬のトレーニングシーズンに突入。

私の見ている選手たちもチームも強化練習や練習試合など遠征が続きました。

子どもたちを乗せて運転していると気づいたことがあります。

毎回一番最初に寝るやつは決まっている!

ということです。

 

なぜ寝る子が気になったのか


 

長野にて指導を初めて3年になりますが、男女問わずやいくつかの学年を見てきましたが、一番最初に寝るやつは決まっています。

「この子はすぐに寝るな・・・」という子を見ているとなんとなく共通点があるように思えてきました。

そこで特徴を挙げてみましょう。

  • 練習熱心である
  • 負けず嫌い
  • 素直
  • 身体能力が高い子が多い

とこんなところでしょうか。

みなさんの周りではどうでしょうか?

 

遠征車中の楽しみ


最近では遠征の車中では『誰が寝るのかな??』なんてことを密かな楽しみに運転をしています。

なぜか。

先ほども書きましたが、よく寝る子は「練習熱心」であったり「負けず嫌い」、総じて「真面目」な子が多く、伸びている印象があるからです。

(あくまでも私の感覚的なものなので賛否両論あるかと思いますが。)

 

なぜ寝る子は育つのか


いつものごとく考えてみました。

  1.  全力率が高い
  2.  切り替え能力が高い
  3.  未来を予測できている!?

 

一番は『全力で取り組む』ことができているということでしょう。

前回紹介(学年№1の勉強方法から~集中力を集中率にしてみると新しい発見が~)したように何時間練習したかということよりも、練習時間の中でどのような取り組みができたかということが成長には欠かせません。

そして、二つ目は勉強の話でも出たように、『切り替える』ということです。

良く寝る子は、全力で練習ができている(のではないか)ので当然疲れますね。

全力で練習した後には当然、体を休める時間が必要です。

『練習と休養の区別』がしっかりできているということですね。

これは『やるべきことを理解している』とも言えます。

やるべきことを理解しているからこそ、今は練習する時間、今は寝る時間、今は勉強する時間、今は遊ぶ時間とメリハリをつけられるのかもしれませんね。

 

3つ目が意外と重要だと思っています。

寝付くまでの時間に個人差はあるものの、帰り道ではほぼ全員が寝ます

今回、『寝る子』として話題に上がっている子たちというのは「これから練習だぜ!という行きの車中」からすぐに寝ます(笑)

これは疲れているからというよりも、これからの戦いに備えて力をためているようにも見えます。

これから全力での戦いが始まるのだ!【負けたくない】という気持ちがあるからこそ今は寝て少しでも体力を温存しておこう。と速やかに眠りにつくのかもしれません。

また、練習中は目の前のことに集中していたり全力でプレーをしていたりするということもありますが、「帰りの車中で寝れる!」と先を予測できていれば『今はがんばってOK!』と自分にGO!サインを出すことができるのかもしれません。

 

おわりに


今回はかなり私の主観によるところが大きいような気がしますがいかがでしょうか。

皆さんの周りのよく寝る子を観察してご報告をいただければ嬉しいです(^^)/

 

ちなみに、伸びている子の中でも、技術系とかセンス系と言われるようなプレーヤーはこれには当てはまらない場合が多く感じます。

というよりむしろあまり寝ない印象が強いです。

練習を見ても要領よくやっているという印象があります。

このようなセンス系プレーヤーは雑学に詳しかったり妙にツッコミが鋭かったりと頭の回転の良さをうかがわせます。

良い悪いの判断ではなくいその特性を活かしていけるかどうかが大切ですね♪

選手のちょっとした行動にも指導のヒントが隠されています。

面白い気づきがあるかた是非教えてくださいね。

ではでは、今回もお付き合いいただきありがとうございました。

遠征といえば大きい車! が欲しいですね(^^)/ (つまり私も持っていません)

遠征といえば大きい車!
が欲しいですね(^^)/
(つまり私も持っていません)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
齋藤 聡史

齋藤 聡史バドミントンで社会共育

投稿者プロフィール

■ 生年月日:1985 年 12 月 23 日
■ 身長(cm) / 体重(kg):178cm / 70kg
■ 血液型:B型
■ 出身地:静岡県
■ 経 歴:入野中学校 → 湖東高校 → 天理大学
→ビーウェイ株式会社→総合型地域スポーツクラブ

中学時代は棒高跳びで静岡県5位入賞。
高校進学後に地域のクラブチームにてバドミントンを始めました。
大学にて生涯教育に出会い、バドミントンと生涯学習に興味を持ち、現在は総合型クラブにて社会体育活動の場と機会の提供に携わっています。

「地域の家づくり」を目標に青少年のバドミントン指導に注力しています。
バドミントンの競技力向上を通じて選手とともに勉強の日々!
信州の南側で活動しています♪

この著者の最新の記事

関連記事



空白

空白

空白

空白

広告

Twitter でフォロー

ページ上部へ戻る