実力を示したChina Open と 世界ジュニア 

中国・福州で開かれていた チャイナOpenスーパーシリーズpremier は15日に幕を閉じた

決勝に進んでいた女子ダブルスの高橋礼華/松友美佐紀選手は ファイナルの末敗れ準優勝となった

 

女子シングルスでベスト8に残っていた奥原希望選手は インドのサイナネワル選手との対戦で0-2で敗れた

準々決勝 奥原希望(WR10位) 16-21 13-21 サイナネワル(インドWR2位)

ベスト8に残っていた日本選手の対戦は

男子ダブルス 銅メダルと5位

準決勝 遠藤大由/早川賢一(WR6位) 17-21 18-21  キムギジュン/キムサラン(韓国WR11位)

準々決勝 橋本博且/平田典靖(WR18位) 16-21 11-21 チャイビヤオ/ホンウェイ(中国WR5位)

 

女子ダブルス 準優勝

決勝 高橋礼華/松友美佐紀(WR1位)21- 18 13-21  12-21  タンユアンティン/ユヤン(中国)

 

nidaira1

一方 南米ペルーのリマで開かれていた世界ジュニアの個人戦でベスト8に残っていた選手たちは

男子シングルス3位 渡邉航貴

女子シングルス3位 仁平菜月、荒木萌恵

男子ダブルス 3位 三橋健也/渡辺勇大

女子ダブルス 3位 松山奈未/志田千陽

混合ダブルス 3位 森岡秀斗/志田千陽

優勝こそなかったものの5つの銅メダルを獲得した

仁平菜月は 準々決勝で第1シードでユース五輪の金メダリストホー・ビンジャオ(中国)を12-21 21-13 21-19で破っていただけに大きな期待がかかっていたが

準決勝でマレーシア選手に敗れてしまった

仁平菜月・松山奈未選手と渡邉航貴選手の3人はまだ2年生であるだけに来年の優勝5年後の金メダルにも期待したいところだ

48020151107_2035_WorldJuniorTeamChampionships2015_RS__5637-2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小暮 直隆BWF情報

投稿者プロフィール

1956年12月21日生 170cm 72キロ B型 
群馬県太田高校→北海道大学→塾講師→暇人 

40歳を過ぎて始めたバドにはまりシニア大会などに参加していたが、体力低下とともに情報通の道へ方向修正中!
バドに関するデーターを収集することで上達を早められるのではないかと模索!

全日本シニア(MS.MD )出場
関東シニア(MD)3位
バドミントン大好きなバド変態(笑)

この著者の最新の記事

関連記事



空白

空白
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
空白

空白

空白
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
空白

広告

ページ上部へ戻る